2010年05月20日

踏切に女性、朝の南海高野線11万人影響(産経新聞)

 17日午前6時25分ごろ、大阪市住吉区上住吉の南海高野線住吉東−沢ノ町駅間の踏切で、和泉中央発難波行き準急電車の運転士が、踏切内に女性がいるのに気づき急ブレーキをかけたが、間に合わずに接触。女性は頭などを打って意識不明。乗客約400人にけがはなかった。

 住吉署などによると、はねられたのは近くに住む58歳の女性とみられ、遮断棒をくぐって踏切内に進入したという。事故の影響で、上下線合わせて計36本が運休、計137本が最大30分遅れ、ラッシュ時と重なり約10万8千人以上に影響した。

【関連記事】
電車にはねられ自転車の高1死亡 音楽プレーヤーで電車に気付かず?
大阪でJRまた遮断棒折れ2.5万人影響
京浜東北線で自殺?男性死亡
東武東上線で人身事故、3万人に影響
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル
少子化を止めろ!

国民投票法、18日に施行 自民、改憲案提出へ (産経新聞)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
横浜教組、教科書不使用を指示 自由社版中学歴史  (産経新聞)
「いい経験」意識変わった 法律考える機会に 審理尽くせたか…不安も(産経新聞)
内閣支持続落、19%=時事世論調査(時事通信)
posted by マツカワ ショウタロウ at 05:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。