2010年05月24日

<雑記帳>伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)

 仙台藩祖、伊達政宗から数えて18代目当主の伊達泰宗(やすむね)さん(51)が20日、藩政時代から「北限の茶所」として茶の栽培が奨励された宮城県石巻市桃生(ものう)町の茶畑で、新茶の初摘みに挑戦した。

【写真特集】戦国の世を思い出す 日本の城

 北上川からの朝霧が茶の栽培に適しているとされる桃生地区。歴代藩主に新茶が献上された歴史があり、地元有志が「伊達家当主に体験してもらおう」と企画した。

 新芽を手にした伊達さんは「政宗公が都の文化を東北の地に根付かせ、今も続いているのは素晴らしい」と先祖の先見性に感心しきり。一方の政宗は、子孫が実際に茶摘みで汗を流すとまでは思わなかったに違いない。【石川忠雄】

【関連ニュース】
【写真特集】日本が誇る 日本の世界遺産
【楽コレ!】伊達政宗ゆかりの仙台を歩く
【ゆるキャラ】宮城県のキャラクターは兜のかざりがポイント
【昭和毎日】伊達政宗が掘削工事を担当したのは・・・

秋葉原無差別殺傷 きょう第8回公判、4人の証人尋問(産経新聞)
<口蹄疫>感染拡大防止に国道に消毒マット 宮崎(毎日新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(1)(産経新聞)
<珠洲市長選>泉谷氏が再選 前市議破る 石川(毎日新聞)
<レールランナー>鉄路も道路も、これ1台 点検や災害時に(毎日新聞)
posted by マツカワ ショウタロウ at 23:37| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

踏切に女性、朝の南海高野線11万人影響(産経新聞)

 17日午前6時25分ごろ、大阪市住吉区上住吉の南海高野線住吉東−沢ノ町駅間の踏切で、和泉中央発難波行き準急電車の運転士が、踏切内に女性がいるのに気づき急ブレーキをかけたが、間に合わずに接触。女性は頭などを打って意識不明。乗客約400人にけがはなかった。

 住吉署などによると、はねられたのは近くに住む58歳の女性とみられ、遮断棒をくぐって踏切内に進入したという。事故の影響で、上下線合わせて計36本が運休、計137本が最大30分遅れ、ラッシュ時と重なり約10万8千人以上に影響した。

【関連記事】
電車にはねられ自転車の高1死亡 音楽プレーヤーで電車に気付かず?
大阪でJRまた遮断棒折れ2.5万人影響
京浜東北線で自殺?男性死亡
東武東上線で人身事故、3万人に影響
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル
少子化を止めろ!

国民投票法、18日に施行 自民、改憲案提出へ (産経新聞)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
横浜教組、教科書不使用を指示 自由社版中学歴史  (産経新聞)
「いい経験」意識変わった 法律考える機会に 審理尽くせたか…不安も(産経新聞)
内閣支持続落、19%=時事世論調査(時事通信)
posted by マツカワ ショウタロウ at 05:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)

 かつて全国トップのブドウ産地を誇った大阪府羽曳野市駒ケ谷地区の再生に、同市が今年度から乗り出した。農地拡大を目指してブドウ作りの担い手を市内外から募るほか、観光農園などを整備する。地元からは「もう一度、大阪ブドウを日本一に」と“ブランド”の復権に大きな期待がかかっている。

 「大阪府農業史」(府農業会議)などによると、駒ケ谷地区は大正時代に開墾。昭和10年には、同地区に代表される府内のブドウ栽培面積は866ヘクタールとなり、山梨県を抜いて全国1位に躍り出た。大阪人のワイン消費量も増えて府内には約120の醸造所が軒を連ね、産地には“ブドウ御殿”と呼ばれる農家の豪邸が建ち並んだ。

 しかし、高度経済成長期の宅地開発や農家の高齢化により耕作放棄地が広がり、平成17年の栽培面積は最盛期の4割程度の490ヘクタール(全国8位)にまで激減。駒ケ谷地区で生まれ育ったブドウ農家、森弘司さん(67)は「子供のころはもっと活気があった。今は荒れ地が増え、ひどい状況だ」と嘆く。

 この流れに歯止めをかけようと、羽曳野市は耕作放棄地の再生を軸にした大阪ブドウ復活作戦を構想。市が耕作放棄地を無償で借り、定年退職者などの希望者を募って栽培に取り組んでもらうといい、今年度はまず、土地所有者らに「無償で貸せるか」などの意向調査を実施する。

 さらに、近鉄駒ヶ谷駅周辺でブドウ狩りができる観光農園やイベント広場の整備も予定。地元農業関係者らが活性化のアイデアを出し合う検討委員会も活動を始めた。

 委員会メンバーで、同地区の醸造所「河内ワイン」専務、金銅真代さん(55)は「大阪土産といえばワインというイメージを定着させたい」。森さんも「地元パワーを結集し、ナンバーワンだった当時の活気を取り戻せれば」と意気込んでいる。

【関連記事】
姿を消す寮歌祭 高齢化で歌い手が減少
相次ぐ消火器攻撃、悩める教会 近畿で72件に
京都・鴨川で夕涼み 汗ばむ陽気の日本列島
次にブレークするB級グルメ「高槻うどんギョーザ」
カプチーノに浮かぶ“あの人気者”って?

タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)
8歳男児に暴行、父親逮捕=福島県警(時事通信)
クジラの街・太地町住民の毛髪から高濃度水銀(読売新聞)
検証 医療ツーリズム元年(1)「注目浴びる検診ビジネス」(医療介護CBニュース)
<NPT会合>81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)
posted by マツカワ ショウタロウ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。